当サイトの案内はコチラ

吃音のある子供に、やっていけない3つのこと

最近、2歳になったばかりの末っ子長男が時々、どもる(吃音)ようになりました。

実は、私は幼少の時は、ひどい吃音に悩まされた経験があります。

私は、全然どもらないと日、どもりのひどい日・・ムラがありました。

成人してから改善し、今では看護師の仕事ができるくらいになりました。

最近、福山雅治さん主演の、ラヴソングというドラマがありました。私は、見てないのでハッキリとした感想は書けないのですが、要は吃音もちの女の子とのお話のようです。

 

吃音は、言いたいことがスラスラ言えない、相手に完全に伝えられないというもどかしさがあります。

Check Point

・ゆっくり言いなさい、は逆効果

・真似する、からかうは論外

・言葉を先取りするのは厳禁

吃音の種類

吃音には、連発、伸発、難発、3種類があります。

字のごとく・・

連発→わわわわわたし、と最初の1音がどもる

伸発→わーーーーたし、と最初の1音が伸びる

難発→・・・・・ゎたし、と最初の1音が出にくい

私の場合は、連発と難発でした。難発で言葉が出にくいときは、顔や口がひきつったり、身振り手振りが多くなりました。

手を動かして、言葉のタイミングを取ることで、言葉が出るのです。

 

吃音があっても、言いやすい言葉と言いにくい言葉があり、いつもどもってるわけではありません。

なので、どもらずにスラスラ言えて、ばっちり相手に伝わった時の爽快さ・・・本当に気持ちいい。

例えると、長い便秘が解消された!という感じです

 

吃音のある子供に言ってはいけないこと

あくまでも、私の場合です。本人のとらえ方にもよるので、みんながそうとは言えないかもしれません。

ゆっくり言いなさい

どもってると、良く言われがちなんですよね。ゆっくり言えと言われてもできないのが、吃音です。

祖父母と同居していたのですが、祖父母には良く言われてました。ゆっくり言いなさいと言われるほど、ムキになって早く喋ってやろうとか思うので、これは逆効果でした。

 

ゆっくりしゃべろうとしても、意識するのですが、難しい・・。

だから、ゆっくり言いなさいは言ってはいけないワードだと思います。

 

真似する、からかう

これ、最悪です。

私は、祖父や小学生の時に良く男の子に、吃音を真似されて辛かった思い出があります。

本当、しゃべる意欲を削がれるし、もの凄く傷つきました。

100歩く譲って、ゆっくり言いなさいは許せますけど、これは許せません。絶対やめてください。

小学生時代の事ですが、30代になった今でも、真似されたことは良く覚えてます・・(^^;)

 

言葉を先取りする

これも、ダメな対応ですね。私の場合、言葉を先取りされるのが嫌で、先に言われてたまるもんか!と、ますます早口になりました・・(^^;

悪循環です。

どもるときは、言わなくて済むのでそのときは安心するのですが・・

あと、言葉の先取りも、本当に言いたかった内容であればいいのですが、ちょっと的が外れていたりすると、ショックです。

なので、言いたいことが分かっていたとしても、言葉の先取りをせず、見守っていてほしいと思います。

私が早口な方なのは、これらが原因なのかな・・(;’∀’)

 

吃音が出てるときは、焦らず、真似したりからかわずに話し終えるのを待ってあげてほしいと思います。

過度に、気にしすぎないでほしい。

 

人は人に支えられて生活しています。人と話すことなく生活するのは難しいこと。

吃音は、理解がないと難しい。周りの人の温かい支援をお願いしたい・・・

 

現在、2歳の末っ子長男。このまま長男の吃音がどうなるか分かりませんが、ゆっくり焦らず見守っていこうと思います(^^)

まとめ

・ゆっくり言いなさい、は逆効果

・真似する、からかうは論外

・言葉を先取りするのは厳禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA