当サイトの案内はコチラ

ジョイントマットを6年使った私が思う、メリット・デメリット

ネットやインスタグラムを見ていると、赤ちゃんのいるお家では必ずと言っていいほど登場する、ジョイントマット。

ジョイントマットは、正方形のクッションをつなげてお部屋の形に合わせて自由に形を変えれることができます。

ももふみ

クッションのように衝撃を抑えられるので、赤ちゃんのいるお家では重宝する商品です

色んな口コミを見ると、凄く評判が良いですよね。赤ちゃんにも優しい素材なのが魅力的!!

 

我が家には3人子供がいるのですが、実際に使ってみて、子供が小さいうちは凄く快適でした。

ただね・・ジョイントマットを5年間使ってみて、これはちょっと・・と思うところもありました。

ご家庭によっては、ジョイントマットなんて必要ないかもしれません。

 

私は、すべての人にはオススメできない商品であるということも分かりました。

この記事では、ジョイントマットを6年間使っての感想や、メリットデメリットを書いていこうと思います!

この記事のポイント

メリット

  1. 赤ちゃんを転倒の衝撃から守ることができる
  2. 冬場のフローリングのひやっとする感じがない
  3. 子供が汚しても、安心
  4. 2階以上の場合、下に響きにくい

デメリット

  1. 隙間にゴミがたまるので、不潔になりやすい
  2. 湿度の関係から、部屋ピッタリに合わせても、膨らんでくる
  3. 子供がはがして遊ぶ
  4. 誤飲の可能性がある

ジョイントマットを5年使った感想

ジョイントマットって、サイズや色など沢山の種類があります。

子供部屋にピッタリのカラフルなものや、どのご家庭のリビングにも合いそうなベーシックな落ち着いた色・・本当に沢山あります。

我が家は、2年おきに買い替え、30cmと60cmの両方使いました。

 

ももふみ

60cmのサイズのほうが、早く敷き詰められました

メリット

  • 赤ちゃんを転倒の衝撃から守ることができる!!
  • 冬場のフローリングのひやっとする感じがない
  • 子供が汚しても、安心
  • 2階以上の場合、下に響きにくい

赤ちゃんを転倒の衝撃から守ることができる!!

うん、間違いない。つかまり立ち始めた赤ちゃんとか、ほんとそう。

転ぶんじゃないか、ってヒヤヒヤします。

実際、我が子3人ともジョイントマットの上で頭ぶつけてますからね・・(^^;)

フローリングの上で転んだときは、それはそれは大泣きでしたが、ジョイントマットの上ではそこまでひどく泣くことはありませんでした。

時には、泣かないこともったので衝撃から守られているのだと思います。

そして、もう1つ良かったところ・・。

 

冬場のフローリングのひやっとする感じがない

当時住んでいたアパートは、寝室以外フローリングでした。

冬場のフローリングって、冷たくてスリッパなしだと歩けないですよね。

ジョイントマットを敷くだけで、冬場のひやっとした不快がなくなりました。

もう、良く歩くところは敷き詰めるという・・(笑)

 

子供が汚しても、安心

子供って、色々イタズラしますよね。

ジョイントマットは、落書きされてもそこのパーツだけ変えばいいので気になりません(笑)

 

アパートやマンションなど、下の階に響きにくい

我が家はアパートに住んでいた時、1階でしたのできちんとした検証はできませんが、下の階に響きにくいというレビューは良くみかけます。

 

デメリット

  • 隙間にゴミがたまるので、不潔になりやすい
  • 部屋ピッタリに合わせても、膨らんでくる
  • 子供がはがして遊ぶ
  • 誤飲の可能性がある

隙間にゴミがたまるので、不潔になりやすい

掃除機を使いますが、ゴミがジョイントマットの隙間に入り込んできちんと吸えないことです。

しかも、ある程度吸えたかな?と思っていても、数ヶ月後にジョイントマットの下をめくると、砂のようなゴミが全体にびっしり・・・

一度、すべてのジョイントマットを取り除いて掃除した方が早いという感じ。

ジョイントマットの裏にもゴミがついているので、本当に大変・・・。

1枚1枚洗うこともできますが、私は買い替えました。

だってめんどくさい(笑)

 

部屋ピッタリに合わせても、膨らんでくる

湿度の関係で、だんだん膨らんでくるのでサイズ調整が難しいです。

あと、ジョイントマットを部屋に合わせて綺麗にカットして、敷き詰めてもだんだん膨らんでくるのです。

湿度の変化で、水分を吸って大きくなるのだと思います。

これ、地味にイライラします(^^;)

一生懸命サイズ合わせた苦労っていったい・・(´;ω;`)

落ち着くまで2ヶ月はかかりました。

 

子供がはがして遊ぶ

ハイハイができるようになると、端っこパーツをペりペりはがします・・。

気付けば、端っこがなくなっていることも、しばしば・・。

 

誤飲の可能性がある

赤ちゃんは、なんでも口に入れますよね。

ジョイントマットは、赤ちゃんの力ではそう簡単にちぎれることはないと思いますが、万が一何かの拍子でちぎれた場合、誤飲の危険性もあるので注意が必要です。

 

ジョイントマットは、こんな人にオススメ!

ジョイントマットは不潔になりやすいので、メンテナンスが嫌にならない人

もう、これですね。

ジョイントマットは膨らんだり、ゴミがたまりやすいので、それが嫌な人にはオススメできません。

シンプルでありながらおしゃれなお家ミニマリストのがっちゃんの記事を拝読しました。

私には、マットを洗うという考えがなかったので、がっちゃんの記事には目からうろこでした!

 

スポンサーリンク

まとめ

どの商品にも、必ずメリット・デメリットはあります。

我が家は6年使いましたが、ジョイントマットはとても重宝しました!

転倒の衝撃から赤ちゃんを守る!これは本当何度も助けられました。

ジョイントマットの購入を考えている人の参考になれば幸いです(*^_^*)

この記事のポイント

メリット

  • 赤ちゃんを転倒の衝撃から守ることができる
  • 冬場のフローリングのひやっとする感じがない
  • 子供が汚しても、安心
  • 2階以上の場合、下に響きにくい

デメリット

  • 隙間にゴミがたまるので、不潔になりやすい
  • 湿度の関係から、部屋ピッタリに合わせても、膨らんでくる
  • 子供がはがして遊ぶ
  • 誤飲の可能性がある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA