当サイトの案内はコチラ

緊急帝王切開になった理由・・もしかしたら〇〇が原因かもしれない

ももふみです。

私は、第1子である長女を緊急帝王切開で出産しました。

緊急帝王切開になる理由は、医学的に見ると色々ありますが、私にはそれ以外に思い当たる節があるのです・・。

ちなみに医学的な理由としては、私の場合は臍帯圧迫と羊水過少が原因でした。

 

予定日は4月1日でした。

予定日を迎えても、生まれてくる気配はありません・・。

もしかしたら、このまま一生妊婦なのかな・・とも思った

幸せのマタニティライフなのに、辛かった。

夜になると、本陣痛なみの痛みがくる。さすがに、しんどくて先生に言いました。

陣痛促進をしてほしい!

 

先生からは、

まだ予定日を4日しか過ぎてないから積極的にはできない、

でも体力的にしんどいだろうから、やりましょう。

ただ、促進をしたからといって必ず産まれてくるとは言えません

と言われました。

 

促進剤を使うことによる、過強陣痛のリスクもありますからね・・。

それでも、私は促進剤を使用しての出産を希望しました。

とにかく早く出したい、赤ちゃんに早く会いたい!、という気持ちが強かった。

2日後に陣痛促進剤での出産の予約をいれて、その日は終わりました。

 

予約を入れた、その日の深夜・・・

また、あの痛みが襲いました。

あぁまたか。明後日、促進するからもう少し待ってね

と、お腹に話しかけながら眠ります。

 

また、痛みで目が覚めました。

いつもより痛い。背中が痛いし、足が震える。もしかして本陣痛?!

 

病院に連絡。すぐ入院となりました。内診すると、本日の出産になるかも、との話。

順調にすすんでいましたが、子宮口8cmで赤ちゃんの危険を知らせるアラームが鳴りました。

臍帯圧迫で赤ちゃんの命が危ないということで、緊急帝王切開になったのです。

先生と助産師さんの、的確な判断のおかげで、長女は無事に産まれてきました。

 

なぜ、緊急帝王切開になったのか?もしかしたら・・

ここからやっと、タイトルの本題に入れます(笑)

もしかしたら、臍帯が邪魔で、出たくても出てこれなかっのではないかと思うのです・・。

もう少し時間か経てば、臍帯を直して、自力で出てこれたのに。

でも、お母さんが促進というから、焦った。自分で出たい。

と、思っていたのかもしれません。

 

促進を使用しての出産は赤ちゃんにも凄く負担をかけます。

できるなら自分で出るのが一番良い。

だから、長女は促進かけられるくらいなら、自分で出る!と思って、促進の予約をいれた前日に出てこようとしたのかもしれません・・

 

助産師さんは、促進の予約を入れた前日に本陣痛がきて生まれる赤ちゃんは良くいる

と言われていました。

 

もし、私が焦らず長女のペースを待っていたら・・

予定日過ぎても、自然分娩できるギリギリまで待ってあげていたら・・

もしかしたら緊急帝王切開にならずに済んだのかも、と思ってしまうのです。

最後に

私が、緊急帝王切開になった理由は、予定日を過ぎたことに焦り赤ちゃんのペースを無視して出産しようとしたことが原因なのでは、と思っています。

 

まあ、もちろん、自然分娩でも帝王切開でも、母子ともに無事なのが一番ですけどね。

 

赤ちゃんは不思議な力がある・・。

お腹にいるときから、ちゃんと意思を持ってる、と私は3人の子供を出産してから思うようになりました。

 

予定日を超過しても焦らず、のんびり構えてあげることって、大切なことなのですね(*‘∀‘)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA