当サイトの案内はコチラ

回復に差が出る!?帝王切開をした後に、ベッド上でもできること

私は、3人とも帝王切開で出産しました。

一番苦しいのは、帝王切開をした日の夜・・

帝王切開をした当日の夜って、一番辛いんですよね・・

ももふみ

この日は、痛みで十分な睡眠が取れませんでした

ちなみに私は、硬膜外麻酔で出産しました。

※余程の事がない限り、硬膜外麻酔での出産となりますよね。

そのときに、やっておいて良かったことを挙げていきます。

帝王切開をした夜だからこそ、やっておくと良いこと

1つ目 足の指先を動かす

帝王切開をした直後は、麻酔が聞いてるので腰から足先にかけて、何も感じません。

腰を上げることもできません。

しかし、手術からだんだん時間が経つと(2、3時間後くらい)、次第に感覚が戻ってきます。

私の場合、術直後は肩が痛くなってくるのと呼吸が辛すぎて、寝るようにしてました。

足には、メドマーという血栓防止のための機械が取り付けられています。

すこしづつ、足の指先を動かすようにして下さい。

術後、身体を動かすということは、回復を促します。

2つ目 自力で体の向きを変える(体位変換)

最初は、麻酔や痛みで自力での寝返りが難しいので、床擦れ予防と回復を促すこと、さらに癒着予防のために看護師さんが定期的に体位変換をしてくれます。

この体位変換を自力で、やっていきます。

ベッドの柵を、反対側の手で持って、ゆっくり体位を変えます。

時間が経つと麻酔がきれて、身体を動かすと激痛ですが、それでも少しづつ・・ゆっくりで良いので身体を動かしてください。

3つ目 痛みを我慢しない

帝王切開をして3日くらいは、身体に痛み止めの管が入っています。

ボタン式になっていて、押せば痛み止めが身体に流れます。

押せば押すほど出るのではなくて、ある程度時間が経たないと出ないようになっているので、容量過剰になるのではないかという心配はありません

それでも痛みがあれば、助産師さんなり看護師さんに言えば痛み止めの坐薬をもらうことができます。

ちなみに私が出産した病院は、2日目くらいから飲むタイプの痛み止めでした

麻酔を使えば、副作用があり辛い場合もありますが、痛いのを我慢しない下さい。

痛いのを我慢して、身体を動かさないのは良くないです。

まとめ

帝王切開の術後すぐからの早期離床は大切。無理は良くないけど、できることから少しずつ始めていくと回復に差が出る。

だからといって動き回るのは良くないですよ。

ももふみ

術後すぐから、少しずつでも身体を動かしておくと後々身体が楽です!
Check Point

・足の指先を動かす

・自力で体の向きを変える

・痛みを我慢しない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA