当サイトの案内はコチラ

【抱っこ紐】ベビービョルンは新生児から使える!2人目育児にオススメしたい

少しでも育児を楽にしたい!

そんな思いで買ったのは、ベビービョルンのONE+。

数年前までは、ビョルンの抱っこ紐は首すわり前から単体で使えるとして、1人勝ちだったように思います。

でも最近はエルゴから、新生児から使える抱っこ紐がでました。

【アダプト】新生児から使えるエルゴの抱っこひもが凄い!口コミとまとめ

ただ、これらの抱っこ紐はお高いのが難点・・。

というわけで・・まだまだビョルンの時代は終わってないですよ!!

私は、3人目が生まれた時に購入しました。

2人目育児は、上の子に合わせて外出する機会って多いですよね。

単体でぱぱっと簡単に抱っこできるところが嬉しい!

ももふみ

首がすわるまでは本当に大活躍する抱っこ紐です!
この記事のポイント
  1. 首すわり前から抱っこできる
  2. おんぶが簡単にできる
  3. 前向き抱っこができる
  4. かかんだ時でも、赤ちゃんが落下しにくい設計になっている
  5. 2人目育児にオススメしたい
  6. 腰ベルトはあってないようなものなので、肩や腰が痛くなる
  7. 柄の、種類が少なくて地味なものが多い

ベビービョルンは、どんな抱っこ紐?

3歳15kgまで使えます!

ビョルンの抱っこ紐って、スタイリッシュな感じでカッコイイですよね~!!

ビョルンの抱っこ紐でできることは・・

・対面抱っこ
・前向き抱っこ
・おんぶ

このように、前向き抱っこができるので、赤ちゃんの視界が変わりご機嫌になります♪

ベビービョルンのメリットとデメリット

メリット

首がすわる前から使える

よく比較されるエルゴの抱っこ紐は、首がすわる前の赤ちゃんを抱っこするとき、別売りのインサートが必要となります。

インサートは、首座り前のふにゃふにゃの赤ちゃんの体を包んで抱っこ紐に固定するものです。

ビョルンは、このようなインサートは必要ありません!

ももふみ

インサートを装着するまでが、結構手間なんです

エルゴとビョルンの比較記事
【抱っこひも比較】エルゴとベビービョルン。両方使った感想とまとめ

おんぶが簡単

ビョルンは、おんぶが簡単です!

前から後ろにスライドさせるので、簡単で安全におんぶができます。

立ったまま、ひとりで、簡単におんぶができます。
抱っこからおんぶへとクルリとまわす簡単おんぶです。
引用:ベビービョルン公式

ももふみ

鈍くさい私でも、1人で簡単かつ安全におんぶできました!

前向き抱っこができる

景色が見えて、赤ちゃんが喜びます!

ごきげん~♪

肩のクッション部分が薄いので、コートの下に抱っこひもを装置できる。

わざわざコートを脱ぐ必要がないという・・( *´艸`)

かかんだ時でも、赤ちゃんが落下しにくい設計になっている

デメリット

腰ベルトはあってないようなものなので、肩や腰が痛くなる

月齢が低いうちは良いですが、6ヶ月を超えると肩と腰が辛いです・・。

柄など種類が少なくて、地味なものが多い

無地なものが多いので可愛いものが良いという人にはデメリットかな、と思います。

僕のようなパパにとっては有り難いけどね

 

スポンサーリンク

おんぶはしない人には、これ!

これは、私の持ってるタイプではないのですが・・
ベビーキャリア オリジナルという、腰ベルトのない抱っこ紐があります。

この抱っこ紐も、新生児から使えます。

ベビーキャリアオリジナルでできること

・対面抱っこと前抱き抱っこ

赤ちゃんがご機嫌になる、前抱き抱っこはできます♪

そして、ONE+よりも安い!

ももふみ

ビョルンの抱っこ紐の腰ベルトは、あってないようなものです。なので、おんぶはしない!という人にはこっちの方が良いと思います

 

【抱っこひも】ベビービョルンのレビュー、まとめ

・首がすわる前から抱っこできる

・おんぶが簡単にできる

・前向き抱っこができる

・かかんだ時でも、赤ちゃんが落下しにくい設計になっている

・2人目育児にオススメしたい

・腰ベルトはあってないようなものなので、肩や腰が痛くなる

・柄の、種類が少なくて地味なものが多い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA