当サイトの案内はコチラ

ポルノグラフィティの故郷、因島がでてくる歌詞の場所に行ってきた♪

ポルノグラフィティの歌詞の中には、二人が生まれ育った、ふるさとが出てきます。

初めて訪れた時は、本当に感動しました。

ももふみ

ああ!あの歌詞だ~!!本当にあるんだ

いや~本当に因島は素敵な場所です・・。

 

あの歌詞に出てくるあの場所は、こういうところなんだ~ということを書いていきます(*‘∀‘)

 

ポルノグラフィティの歌詞に出てくるところは、こんな場所!

青影トンネル

曲は、Aokage

あの急な坂登りきったら青影トンネル

車の排気ガスで煙いのを少しだけ我慢すれば

目の前が広くなった先に目指す海が見えるよ

MEMO
3枚目のアルバム、雲をもつかむ民の5曲目にある「Aokage」という曲。

作詞作曲ともに、昭仁さんです。

 

歌詞の通り、急な坂を登りきった先にあります。

私は自転車で島内をめぐったこともありますが、すごくハードな坂!!

 

トンネル内はとても狭いので、自転車で行かれる方は注意しないと危険です!

ももふみ

トンネルを抜けたら、下り坂なので自転車で一気に下るのは快感です

 

目の前が広くなった先に目指す海が見えるよ

すぐに海は見えません(笑)

坂を下るちょっとした瞬間に、海は見えますよ!

 

折古の浜

曲は、狼

ぬけるほど青い空のもとで

たわわな胸をめぐる狩りの途中

君に出逢ってしまったよ

夏盛り 折古の浜

MEMO
  • 6枚目シングル アゲハ蝶のカップリング曲
  • ベストアルバム、BEST RED’Sの9曲目

晴一さん作詞の曲で、曲は本間さんです。

 

海水浴場でしたが、現在は閉鎖されており、人気(ひとけ)がありません・・。

閉鎖されているとは言っても、立ち入り禁止にはなっていないので入ることはできます。

 

この砂浜に、ポルノに対する愛を書いて遊んだりしていました(笑)

キラキラして、綺麗な海です。

ソニーミュージックエンタテインメント

 

土生港

曲は、Jazz up

土生港から 海沿いの道を

初恋を乗せて ペダル踏んでた

乱れた呼吸 さとられないように

MEMO
1枚目のアルバム、ロマンチスト・エゴイストの1曲目

作詞は晴一さん、作曲は白玉さんです。

元メンバーの白玉さんは、ここから専門学校に通っていました。

 

土生港では、今でもバスのチケットを買うことができます。

 

土生港と言えば、晴一さん!というイメージが強い・・

ライブのMCで、晴一さんが、中庄出身の昭仁さんをいじってたな・・(笑)

ソニーミュージックエンタテインメント

 

しまなみ時代のポルノへ、想いをはせる

Aokage、狼、Jazz upの歌詞に登場する、あの場所。

青影トンネル、折古の浜、土生港は、ポルノの生まれ故郷である、因島に実在します。

 

因島は、本当におだやかで癒される島。

島の人たちも、とても優しくてあたたかい。

お二人の人間性の素晴らしさは、こんな素敵な島で生まれ育ったからこそなんだな、と実感しました。

ももふみ

ポルノグラフィティ、因島さいこ~!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA