当サイトの案内はコチラ

【ネタバレ注意】映画、プリキュアスーパースターズの感想☆

今回も公開初日に観てきました!!

公開初日で、2回目の上映なのに、すでに多くの人!!

みんなプリキュアが好きなんだなぁ( *´艸`)

CMでも、がんがんスーパースターズの情報が流れてますよね。

春の映画といえば、前作のプリキュアがでるのが定番となってます。

とは、言っても昨年秋のプリアラ映画では、まほプリもでましたが(笑)

でも、前作のプリキュアが出るということは・・

プリアラロスの私には、たまらないということです( *´艸`)

さてさて、会場に着くと、長蛇の列に並んで、プリキュア世代ど真ん中の娘たちのために、ポップコーンとオレンジジュースも購入しました。

タンブラー可愛い~!

今回もミ入場特典に、ミラクルライトがありました。

ミラクルクローバーライトという名前です。

入場特典はこんな感じ♪

それでは、ネタバレと感想を書いていきます!!

 

感想

はぐたん、お花畑デビュー

はながお花畑という駅に着いたところから物語は始まります。

はぐたんのお花畑デビューの日です。

うきうきで、さあやとほまれを待つ、はな。

でも、電車に乗り遅れたり色んな出来事が重なって待ち合わせを2時間も遅れてしまいました。

なかなか待ち合わせの場所に現れない2人を待ちながら寂しそうなはなの姿。その間に雨が降ったりしたのですが、ハリーが人間の姿になり、傘をさしてあげました。

このすんなりできる気遣い、凄いカッコイイ。

待ち合わせに遅れていても、諦めて帰らなかった

約束は絶対守るよ!

はなは、そう言いました。どうやら、過去に約束をしたものの、果たせなかった相手がいるのだとか。

幼少期にした約束を果たせなくて、後悔してるとか本当にはなは良い子だな・・

お花畑に到着。色とりどりのお花が沢山で、はぐたんも大喜び。

はぐたんいじょうに喜んでいたのは、はなでしたけどね(笑)

こういうところって、ピンクのプリキュアにありがちですよね( *´艸`)

雨があがり、キラキラしてるお花畑の中で、はぐたんは何かを見つけてつかみました。

はぐたんがつかんだのは、ミラクルクローバーライトでした。

 

敵・ウソバーッカの登場

はなたちが、はぐたんのお花畑デビューを楽しんでるときに、大きなグリーンの扉が現れて、中から敵が出てきました。

敵の名前は、ウソバーッカ。

はなが、約束はぜったい、ぜ~ったい守るよ!!と言っていたので、嫌味のように出てきたかのように感じました(^^;

うそばーっか言うなよ、みたいな・・。

ウソバーッカというだけあって、色んなダジャレを言ってきます(笑)

ダジャレというよりおやじギャグ?

うそでの小づち、とか、嘘にまつわるシャレやことわざで攻撃。

はなたちは、プリキュアに変身し、ウソバーッカに攻撃します。

でも、突然何が起きたのか、ウソバーッカがもうしませんウソ、許して~ウソ・・と、3人に謝ります。

本当かな・・?疑いながらも3人は許すのですが、その隙を狙ってプリハートを石にされてしまいました。

同時に変身もとけました。

ついでに、さあやとほまれが、ぶくぶくの泡で連れていかれることに・・。

1人でどうやって戦おうかと悩んでるとき、ふいに頭をよぎったのはプリキュアアラモードのメンバー。

はなは、プリキュアアラモードのメンバーを探しに出かけます。

MEMO
プリアラの本編最終回で、エールとして助っ人になってます

 

いちかとの再会

どうやって探すのか分かりませんが、はぐたんを抱っこしながら長~~~~~~い坂をやっとの思いで到着。

でも、休む間もなく、はぐたんは、好奇心でカートに乗り、坂を急降下。

予測不可能なことをするのは、赤ちゃんあるあるですねw

はぐたんをのせたカートを追いかけてるときに、いちかとすれ違います。

いちかや、他のメンバーたちの連携ではぐたんは無事に確保!

 

プリアラ大好きだった私は、懐かしいメンバーたちをみて涙腺が緩んでしまいました(´;ω;`)

MEMO
プリアラ最終回では、はなは、キラパティに遊びに行っています。
そのときは、お互いがプリキュアであることは知らないようでした。

はなは、いちかにプリキュアの居場所を知らないか尋ねるのですが、

正体を明かせず苦笑いの、いちかたち・・。

そうこうしていると、またウソバーッカが現れます。

プリアラの6人は、はなの目の前でプリキュアに変身!

アラモードメンバーも戦いを挑むのですが、またウソバーッカが謝ります。

はなが、騙されないで、と駆けつけると、また泡をぶくぶくさせ、みんなを連れて行こうとしました。

はなは咄嗟にいちかをかばったので、泡に巻き込まれずにすみました。

スイーツパクトは石にさせられて変身はとけてしまいます。

仲間を助けたければ、魔法界に来い・・と言葉を残しウソバーッカは扉に戻っていきました。

 

みらいとの出会い

魔法界に行き、ちょっとしたトラブルはあったものの、無事にみらいたちと出会えました。

ここでも、大きなグリーン扉から、ウソバッーカが登場。

みらいたちも、プリキュアに変身し戦います。

その戦いの様子をみていたはなは、あることを思い出します。

大きなグリーンの扉に、クローバーのモチーフ、緑の目。

小さい頃に出会った、クローバーという不思議な男の子を思い出したのです。

はなは、クローバーという男の子を知っているかと尋ねますが、ウソバーッカはクローバーは俺だと言います。

お前が約束を守ってくれなかったから、こんな姿になった、と・・。

また、泡のぶくぶくで閉じ込めようとしたところ、リコとはーちゃんは気を利かしてくれて、自ら犠牲になります。

キュアップ・ラパパ!泡よ、こっちにきなさい!

こういうの、まほプリならではですよね・・。

色んな困難を乗り越えてきたという自信・・先輩プリキュアとして、本当にカッコイイ。

 

泡のぶくぶくは、そのまま2人を包み、連れていかれることに。

不安そうな表情のみらい。それでも、リコはアイコンタクトでみらいに伝えます。それをみて、みらいが頷く・・。

みらいとリコの絆の強さを表していて、涙腺が緩んでしまいました。

ウソバーッカは、はなたちを追いかけてきます。

そこで魔法界にあるカタツムリニアで逃げるために、乗り込みました。

ウソバーッカに線路を崩されそうになり、追いつかれそうなところで、ミラクルクローバーライトを回して!と合図。

ミラクルクローバーライトの力で、線路ができ、逃げ切ることができました。

 

クローバーとの想い出

カタツムリニアの中で、はなは2人に小さい時に出会った不思議な少年、クローバーとの想い出を話します。

小さいころ、海外に行ったとき、迷子になったはな。

細道を歩いていると、急に目の前が不思議な風景になり、そこには六角形の建物がありました。

グリーンの扉の上にはクローバーのモチーフ・・

扉に手を当てると、中に入ることができたのか、一面の雪景色が平がっていました。

そこで、クローバーという男の子と出会います。

クローバーは外に出たがっていました。

でも、できない・・・

はなは、色んな所に連れていってあげる!と指切りげんまん、約束をしたのです。

翌日、はなは、クローバーに会いに行こうとしましたが、その日を最後にクローバーには会うことはできなかったのです。

そうそう、この幼いときのはなの前髪が、今と同じなんですよね。

本編で、冒頭のイケてる女の子になりたかったけど切りすぎて失敗というエピソード、どこいったw

 

はなは、クローバーにあやまることを決める

ミラクルクローバーライトの力で、逃げ切ることができ、お花畑駅に到着しました。

はなは、過去に戻りクローバーに会ってあやまりたいと言います。

そこから、六角形の建物がある場所を探しに行きます。

クローバーとの出会いの場所に行きたいという強い気持ちと、ミラクルクローバーライトの力で

六角形の建物に行くことができました。

扉の中に入ろうとしたとき、ウソバーッカがやってきました。

扉は、いちかとみらいが守ります。

扉の先を行くのは、はなだけ・・。

あの時と同じように、グリーンの扉に手をあて、時の扉を通って、クローバーに会いに行きました。

相変わらず、一面の雪景色。灰色の寂しい世界。

クローバーは、闇の鬼火に、はなは約束を破ったと闇に洗脳されていたようでした。

クローバーの花言葉には、約束・・そして復讐がある。

約束を守らなかったはなに、復讐しろ

はなは、約束を守れなかったことを泣きながら謝りました。

クローバーの中では、小さい時のはなが必死に謝っていました。

はなは、約束を果たそうとクローバーと手をつないで、扉を出ようとします。

そこで、闇の鬼火がささやきます。

裏切られるぞ、深く傷つくことになるぞ

でも、クローバーははなを信じた。クローバーを連れて、元の世界へ戻ります。

これ、ちゃんとはなを信じてくれたクローバーは、素直なイイコなんだな、と思いました。

扉をあけると、ウソバーッカがウソからでたまことーと、悲鳴をあげながらクローバーに吸収され、

消えてしまいました。

はなが、クローバーとの約束を果たそうとしてくれたことで、闇が消えた。

でも、今度はクローバーの周りにいた闇の鬼火が巨大化します。

お前はもう用なしだ!と。

 

闇の鬼火と戦う

今まで闇の鬼火に騙されていたことにショックを受けるクローバー。

闇の鬼火は、これまでウソバーッカに集めさせた闇の力で、パワーを増しています。

嘘ばかりの世界にしてやるー!

3人の変身アイテムは石のままで使えません。

僕のせいだ、とつぶやくクローバー。

プリキュアのピンチを知り、不思議な力で変身アイテムを元に戻します。

クローバーの花言葉には、もう一つの意味があるんだ。それは、幸せだよ、という言葉を残して・・

そのかわり、クローバーの体は消えてしまいました。

何かを守るために、自らが犠牲になる。。ありがちな演出ですが、泣けました・・

ちょうどそのとき、泡で閉じ込められていたみんなが、一斉に飛び出してきました。脱出!

そして、みんな変身します。

ここで、変身中の一部始終が続けて見れました。今までは、一瞬で変身だったので変身中のシーンは見れませんでした。

はぐぷり、プリアラ、まほプリの順番。変身シーンは好きなので、凄い贅沢な時間でした( *´艸`)

プリキュア12人の戦い、連携が本当にかっこよかった!!

はぐプリの肉弾戦は、ダイナミックなんですよね・・

あのおとなしそうなさあやちゃんが、あんなダイナミックに・・(*´ω`*)

全員で、絶対にやぶらない約束をかわします。それは、明日への希望と全ての世界の笑顔を守るという約束

はぐたんや妖精たちの応援、ミラクルクローバーライトの力によりプリキュアはパワーアップ。

12人のプリキュアが手をつないで輪になります。

ふりそそげ!かがやく希望の星!プリキュアスーパースターズ!

プリキュアクローバーフォーメーションという技で、闇の鬼火を元の小さい姿に戻すことができました。

 

クローバーと闇の鬼火が光の中へ消えていく

小さくなった闇の鬼火に、クローバーは裏切られたと、責めたりしませんでした。

はなが僕についてくれたように、キミには僕がついてるよ・・鬼の闇火を抱きしめてあげました。

クローバー、本当に優しい。

はなも一緒に抱きしめ、鬼の闇火は涙を流しました。

これぞ、鬼の目にも涙!

クローバーがいた一面の雪景色で灰色の寂しい世界は、本来のキレイな花畑に囲まれた、あたたかい世界に戻りました。

はなの言ってた通りだね。世界はあたたかくて幸せな場所だった・・

いつかキミに会いに行くよ、という言葉とともに、クローバーと鬼の闇火は光の中へ消えていきました。

 

最後に

今作のスーパースターズのテーマは約束

その約束というテーマに、クローバーの花言葉を持ってきて、復讐、そして幸せで話を結ぶとは・・

プリキュア制作のスタッフさん、さすがですよね(*´ω`*)

そして、やっぱり〇〇スターズ系の映画は面白い!!!!

過去のプリキュアが沢山でてきて協力しあうシーンも最高!!

前作のドリームスターズでは、ミラクルサクライトを回すシーンが分かりにくかったのですが、今作ははっきり分かりました!

娘もちゃんと回すタイミングを理解していたようですし、私も心のミラクルクローバーライトを回しました!!(`・ω・´)←

 

ちょっと気になった点は、はながいちかに自分がプリキュアであることを明かしてなかった事。

いつ言うのかなと思ってましたけど(笑)

いちかと再会して、ウソバーッカが出てきたとき、石にされて変身できなかったし、もしかしたら、はながクローバーと手を繋いで、ミライクリスタルが元に戻るまで知らなかった、とか?

うーん・・ありうるw

あ、でも、だいたい先輩プリキュアは気付くし、いちかもそうなのかもしれないですね(*´ω`*)

他の閉じ込められたメンバーは、闇の鬼火の中で打ち明けていましたし( *´艸`)

 

前作のドリームスターズとの共通点は、過去の友達を助ける、ということです。

サクラは、プリキュアではありませんでしたが(笑)

共通していていえることは、みんな仲間想いだということ。

歴代のプリキュアの先輩たちは、新しいプリキュアに仲間を信じることの大切さを教えています。

これがちゃんと受け継がれているんですよね( *´艸`)

ちゃんと、先輩・後輩としての描写がはっきりしているところも良かったです。

前作のドリームスターズは、サクラがわがまま放題で・・(;’∀’)

初対面から、いちかの持ってるものを奪おうとしたりして・・(笑)

悪いことばかり書いてますが、サクラちゃんは好きですよ(*’ω’*)

 

そして、上に書いてませんが、またプリアラのあきらがイケメンすぎました。。

さあやちゃんを、故意ではないけど壁ドン(笑)

夫は、どこに壁があったの?と言ってたけど・・そもそも、壁のない空間じゃないですよね?

じゃなきゃ、外へ出ようとして壁を蹴ったりしませんよね?(^^;

 

あきらが、自分がカッコイイということを分かってる、いたずらっ子な男の子に見えた(*´Д`)

でも、あきらは全然そんなつもりはないんだろうな~まあ、そこが良いのだけど( *´艸`)

 

あと、あきらと、ほまれちゃんって何となく似てるよなって思ってましたが、全然似てませんでした・・(゚д゚)

声とか、似てるなーって。

でも、ほまれちゃんの方が乙女ですね(*´ω`*)そして、ちょっと心に深い闇を持ってる感じ。

あきらに比べて、影を持ってるキャラだな、と思います。

 

なによりプリアラのなつかしさ!!みんな相変わらずだな~と微笑ましかったです。

本当、プリアラメンバーを見た時は泣きましたから・・!

ゆかりさんも、足から石化していくという大変な状況なのに、そろそろお茶の時間かしら・・?とフリーダムw

あと、はなが、めっちゃショックというのをめちょっくと略しました。めちょっく!使ってみようかな(゚д゚)←年を考えて

本当に、面白かった!!

また思い出しながら追記していこうと思います(`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA