クリスマスプレゼントは、お早めに!

床暖房を導入するなら、絶対にガスが良いと思う

憧れの床暖房・・

もしかしたら、エアコンなんていらないんじゃない?と思ってしまいます(笑)

床暖房のきいたポカポカの床暖房でゴロゴロしたいな、と思うのは絶対に私だけじゃないはず!!

我が家は、2017年の夏に新築しました。

私の住んでる地域は、特別寒冷地ではないですが、新築を建てるにおいて床暖房を取り入れたいなぁと考えていました。

そして、床暖房について調べてみると色んな事が知れたのです。

調べてみると、床暖房には3種類あるようです。

電気式、電気温水式、ガス式の3種類です。

どれにする?!床暖房

比較

電熱線式床暖房

立ち上がりも早く初期投資も安価。光熱費は、電気使用料が大きく割高。暖まりかたもムラがあり、低温やけどのリスクがある。

温水式電気床暖房

立ち上がりは遅く、初期投資(ヒートポンプ熱)は割高光熱費はオール電化で昼間長く使うと割高になる、暖まりかたはムラなく均一、低温やけどの心配なし

温水式ガス床暖房

立ち上がりは早いが、初期投資が割高。光熱費は、料金プランや給湯器によっては安く抑えられる、暖まりかたはムラなく、低温やけどの心配もなし

 

こうやってみていくと、温水式がいいな、と思いました。立ち上がりが早くても、低音やけどのリスクは背負いたくない・・。

だって、スマホで低音やけどする人がいらっしゃいますからね。

赤ちゃんやお年寄りのいるご家庭だと、なおさらなのではないかなと思います。

特に、お年寄りの場合は、加齢により熱いという感覚が鈍くなり、早く違和感に気づくことができません。

温水式床暖房って素敵だな

我が家は、オール電化ではないので温水式ガス床暖房が良いな、と思いました。

ガス会社さんに連絡を取り、お話を聞きました。

・室温16~18℃でも部屋全体がヌクヌク!

輻射熱が身体に吸収されるので、室温が16℃~18℃と低くても十分な暖かさが得られます。

・カラダのことを考えた、やさしい暖かさ!

床暖房は風を起こさない為、乾燥もせず湿度も下がらないのでノドやお肌にやさしい。床のチリやほこりを舞い上げない為、お部屋はいつも清潔に保てます。

・温水循環式の為、経済的

必要な時だけガスを燃焼させ、お湯を一定温度に保ちながら循環活用する為、ガス料金がお得です。

スイッチオフにした後も、余熱で暖かい為、光熱費をさらに抑えられます。

ほうほう・・。

さらに、電熱線式床暖房は低温やけどのリスクがあるのに対して、温水式はそのような心配はないのか。

ただ、一番のデメリットは、初期投資であるイニシャルコストが高いということ。

 

ガス温水式の床暖房は、日だまりの中にいるような、ぽかぽかした暖かさがあるようで、良いなぁとは、思います。

赤ちゃんや子供、お年寄りにも安心ですしね(*^^*)

でも、水道代が高くなるんじゃないかな・・

調べてみました!

温水式は、その名の通り、床下に温水を循環させて使用しているため、床暖房の導入によって水道代が高くなることはないのだとか。

じゃ、ガス代が高くなるのでは?

ランニングコストの見積もりをガス会社さんにしてもらいました!

すると・・一般家庭では

エコジョーズの場合

11月 4000円

12月 14100円

1月 15500円

2月 15000円

3月 5900円

シングルハイブリッド・エコワンの場合

11月 4000円

12月 14100円

1月 15500円

2月 15000円

3月 5900円

あれ?変わらない・・?(笑)

でも多いときで、15000もかかるのね(>_<)

ちょっとコスパ悪いよね(^_^;)

結局、我が家はどうしたか

床暖房は、凄く憧れだったのですが、導入は、見送ることにしました

我が家は、無垢床なので、特別フローリングが冷たくて大変!ということではなかったのが理由です。

建てた工務店さんは、無垢床が標準仕様ですが、床暖房にしたら、普通のフローリングになるのだそうです。
無垢の木で床暖房は、できないと言われたのです・・

しかも、無垢床or普通のフローリング+床暖房の設置費用が同額ということに(゚Д゚;)

それだったら、自然素材を使った家という意味がない(`・ω・´)!!

それが理由で、床暖房は諦めることになったのです・・(;´∀`)

 

これだけ、ガス式の床暖房が良いと書いておいてアレですが・・すみません(^^;

でも、もし、床暖房を取り入れるなら、絶対にガス温水式が良いというのは確かです!!

無垢床に、ガス温水式床暖房とか、夢だ( *´艸`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA