当サイトの案内はコチラ

いくつになっても関係ない!30代で、助産師を目指すことを決意!!

私の母は看護師なので、そのまま看護師になるものだと思っていました。

新卒で看護師になった私。

ももふみ

実習中は、辛い思い出しかないけど、仲間と切磋琢磨して頑張ってきたのは、とても心に残っています

看護師として、働くようになってからも、自分は看護師には向いてないんじゃないかなって毎日思っていました。

看護師って、綺麗な仕事ではないですし、夜勤しないと給料も安い。

忙しさと責任の重さ・・

看護師って、なぜか高給取りなイメージですが、割に合わないと思います(;’∀’)

 

患者さんに「ありがとう」と言われた時の感激は、辛さは吹き飛ぶんですけどね・・

でも看護師は女社会・・。人間関係も色々大変です。

女子校みたいな感じですよ。

 

毎日のようにやめたいって思っていました。

その後、結婚して妊娠・・出産前に退職しました。

看護師として働いたのは、4年です。

私が助産師になりたいと思ったきっかけ

長女を出産した時、色々不安定だった私を支えてくれた助産師さんがいます。

その人みたいになりたいって思うようになったのです。

私には3人の子供がいますが、入院中はその助産師さんと話して、気が紛れました。

長女を出産して6年が経ちますが、今でも助産師になりたいと思っています。

今年の4月から、パートとして復職しました。

もちろん希望の病棟は産婦人科・・。

いずれは助産師になるつもり、産科で働きたい、と面接などで言えば良かったのですが・・

本当に、私に務まるのだろうか・・・という不安から言えないでいました。

そして、実際に配属された病棟は・・

 

回復期リハビリ病棟・・・・

 

私が、出産前に働いていた病棟です。

回復期リハビリ病棟での業務内容

パートなので、部屋持ち(受け持ち)はさせてもらえず、入院患者さんのお風呂介助ばっかり・・。

ももふみ

お風呂介助は大切なお仕事だけど、これは私のやりたい仕事じゃない

・・って、ずっとモヤモヤしていました。

パートですが・・(笑)

 

しかも、お風呂介助って凄く重労働でしんどいんです・・!!!!

 

私が、休みの日は「あ~今日は〇〇さん休みか~」って話してるくらい・・

師長さんに、みんな頼りにして助かってるのよ、というニュアンスで言われたことですが、みんなお風呂介助したくないからじゃん・・!!って思ってます・・。

部署移動

毎日モンモンとしていたら、看護部長から外来へ来ないかというお誘いが・・。

光の速さで、行きます!って言いました(笑)

 

そのときに、どこか希望する科はあるの?と、聞かれて、産婦人科って言えました。

ついでに、将来的に助産師の資格を取って常勤で働きたい、ということも・・。

 

これね、不思議な話なのですが・・

今まで6年間、助産師になりたいという気持ちを表に出さないでいたのです。

話したとしても、夫や実母、一部の友達くらい。

これを、つい最近上司に話したり、ツイッターで公言すると、具体的な計画を立てることができました。

末っ子が年長さんになるタイミングで、助産専攻のある学校に行く!!

看護師の資格はあるので、1年通えば助産師の受験資格が得られます。

国試に合格すれば、晴れて助産師!!

声に出すって大切

具体的な夢があるなら、声に出すって大切なんだな・・と思います。

助産師の夢

  • 赤ちゃんを取り上げる
  • 母子手帳に、自分の名前を書く
  • 新米ママのサポート
  • 虐待児を減らす

やっと、自分からほんとうにやりたいと思うことができました。

母になったから、できた夢。

子供がいるから、できた夢。

 

30代でも全然遅くない・・

夢に向かって、頑張ります(`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA